浴衣を売るなら

浴衣 売る

※当サイトにはプロモーションが含まれています。

 

滅多に着ない浴衣は買っても不要になってしまう機会の多い物の一つです。捨ててしまったり誰かにあげる前に、浴衣を売ることも考えてみましょう。

 

当サイトでは浴衣を売るのに店舗まで足を運ぶ必要がなく、自宅で浴衣の買取ができるサイトを紹介しています。

 

利用者が多く、初めて浴衣を売る方でも安心して使いやすい店舗を厳選しているので参考にしていただければ幸いです。

 

⇒ スグに浴衣を売るならこちら!

 

浴衣と着物の違いとは

浴衣も和服の一種で、一般的に着物と呼ばれるものとは形状や構造、仕立て方も同様です。浴衣は裏地がなく、一枚の生地からなる単衣(ひとえ)の着物に分類されます。ただし、絽や紗といった夏の着物などは長襦袢の上から着るのに対して、浴衣は下着の上から直接肌に触れるように着用します。これは元々平安時代の貴族が風呂に入る際に蒸気で火傷をしないために着用した湯帷子(ゆかたびら)からはじまり、寝間着や夏の行水後に着用するようになったことに由来します。その他にも素足で下駄を履く、半幅帯や兵児帯を締める、風通しが良く熱を持ちにくい素材が使われるといった特徴があります。ただ、綿絽や絹紅梅など高級な浴衣は長襦袢や足袋を着用する場合もあります。

 

着物とは違って浴衣は買い取ってもらえないと考える方もいますが、それは間違いです。浴衣も着物の一種なので、着物買取店などに売ることは可能です。ミシン仕立てやノーブランドの浴衣だと買取価格も数百円程度になってしまうこともありますが、有名作家の作品や伝統工芸品などは一万円を超える金額が付く可能性もあります。まずは着物買取店に相談してみましょう。

 

浴衣買取サイトランキング!

ここでは浴衣を売るのにオススメの買取店をランキング形式で紹介しています。

 

  • 申込みから買取代金の受取までのすべてが自宅で完結する
  • 相談・査定・買取手数料などの費用は一切不要
  • 豊富な買取実績が有り、安心して利用できる
  • 初めて浴衣を売る方でもスムーズに使える

 

といった基準で選びました。

 

浴衣を売るのに慣れていない方はこちらのランキングにある店舗に査定を依頼するのがおすすめです。

 

バイセル(旧スピード買取.jp)

バイセル(旧スピード買取.jp)の特徴

・テレビCM・広告により知名度が高い

・出張、宅配買取を専門に行っている

・最短即日で浴衣の査定を始められる

・全国どこでも無料で浴衣を売ることが可能

・状態の悪い浴衣や着物も売れる可能性がある

・出張査定以外でも浴衣を売ることができる

・相談から代金の振込、キャンセル料まで0円

・専門性の高い査定スタッフが丁寧に対応

・業界トップクラスの豊富な買取実績

・浴衣以外にも幅広いジャンルの品物を売れる

・3ステップで簡単に着物や浴衣を処分できる

評価
評価5
備考
宅配買取、出張買取、持込買取
バイセル(旧スピード買取.jp)の総評

バイセルは浴衣などの着物だけでなく、ジュエリーや骨董品など幅広いジャンルの買取サービスを手がける買取店です。

最短で申し込んだその日の内に浴衣を売って現金化できるというスピーディさが一番の売りです。

テレビCMなどの広告にも力を入れているため知名度も高く、それだけ豊富な実績があるということでもあります。

アフターフォローもしっかりしているので初めて浴衣を売る方にも自身を持っておすすめできる優良買取店です。

出張査定を利用して浴衣を売ることをお考えならまずはチェックしてみては?

着物10(旧ヤマトク)

着物10(旧ヤマトク)の特徴

・浴衣や着物の宅配買取を専門に行っている

・状態の悪い浴衣なども値が付く可能性がある

・5点以上なら無料梱包キットに浴衣を詰めて返送するだけ

・年間17,000件以上の買取実績

・浴衣に限らず着物・和装関連なら何でもOK

・梱包キットや送料も無料

・集荷申込みでも浴衣を売れる

評価
評価4.5
備考
宅配買取
着物10(旧ヤマトク)の総評

着物10(旧ヤマトク)は老舗の着物宅配買取専門店。和装関連なら何でも査定の対象なので浴衣を売る際にも便利な店舗です。

浴衣を売る場合は5点以上からでないと無料梱包キットは利用できませんが、もし買取を依頼したい和装関連の品物が5点以上あるなら検討したいところ。

無料梱包キットには返送用の伝票も含まれているため、売る予定の浴衣を発送する際にも代金は不要です。また、梱包キットが不要な場合には集荷申込みで浴衣を売ることも可能です。

このように着物10は宅配買取で浴衣を売るなら是非オススメしたいサイトです。

福ちゃん

福ちゃんの特徴

テレビCMでも有名!600万点以上の買取実績

経験豊富な査定スタッフが査定

状態が良くない浴衣も買取の可能性アリ

浴衣の査定後に買取を断ってもOK

浴衣買取の応否に関わらずキャンセル料・査定料は0円

評価
評価4
備考
出張買取、宅配買取、店頭買取
福ちゃんの総評

テレビCMでも有名な買取サイト福ちゃんの着物買取サービスです。様々な品物の買取を広く手掛けている買取店で、買取実績は600万点を超えています。着物・和装関連の買取にも対応しているため、浴衣を売るのにも役立ってくれます。


宅配買取と出張査定はどっちが良い?

着物や浴衣を売る方法として代表的なのは

  1. 売る浴衣を直接店頭に持ち込む持込買取
  2. 宅配便を利用して売る予定の浴衣などを発送する宅配買取
  3. 査定員を自宅等に派遣してもらって買取を行う出張買取

の3種類かと思います。

 

この中でも今回はウェブ上から申し込みやすい2番と3番の浴衣の宅配買取と出張買取について解説します。

 

どちらの方法で浴衣を売るにしてもメリットとデメリットがありますので、それらを正しく把握した上でご自身にあった方法を選びましょう。

 

宅配買取とは

宅配買取は宅配便を利用して浴衣などの査定を行う方法です。

 

当サイトで紹介しているヤマトクの場合だと、申込み後送られてくる梱包キットに売る浴衣などを詰めて発送し、査定額に満足できれば買取代金が振り込まれるという流れです。

 

出張査定ではお住いの地域によっては対応できないケースもありますが、宅配買取の場合は場所を選ばずに利用できるという長所があります。また、ある程度まとまった時間を用意する必要のある出張査定とは異なり、自分のペースで浴衣を売るための作業を進められるというのもポイントです。

 

特に女性の一人暮らしの方などにとっては自宅に人を呼ぶことなく浴衣を売ることができるのもメリットと言えるでしょう。

 

逆に短所としては自分で行う作業が多め、どうしても浴衣を売るのに数日掛かってしまう、浴衣の買取をキャンセルして品物を返送してもらうのに送料が必要となる可能性があるという点が挙げられます。

 

浴衣の宅配買取まとめ
  • 出張買取の利用が難しいエリアに住んでいても問題なく浴衣を売れる
  • 自分のペースで作業を進められる
  • 自宅に知らない人を呼ばなくて良い
  • 訪問査定と比較して手間と時間が掛かる
  • キャンセルして品物を手元に戻すのに費用が掛かるケースが有る

 

⇒ 宅配買取で浴衣を売るならこちら!

 

出張買取とは

出張買取は自宅などに査定スタッフを派遣してもらって浴衣等の買い取りを行う方法です。

 

全体の流れとしてはウェブサイトのフォームや電話で申し込んだ後、指定した日時に査定員が到着して査定がスタートします。査定は基本的に玄関先で行い、提示された金額で合意できればその場で契約が成立して現金を受け取れます。

 

出張査定の最大の特徴は最短即日で売りたい浴衣を現金化できるという早さでしょう。すぐにでも浴衣を売りたいという方にはおすすめの方法です。

 

玄関先に買取を依頼したい浴衣や着物類をまとめておくだけで良いので、大量に売りたい品物がある場合でも楽です。その時になって急に買取って欲しい浴衣が出てきたときにも対応してもらえるのは出張査定ならではの魅力です。

 

デメリットとしては住んでいる場所によっては出張査定で浴衣を売るのが難しい場合がある点がまず挙げられます。また、知らない人間を家に呼ぶのに抵抗があるという方もいるでしょう。買取プレミアムなどは女性スタッフも在籍しているので相談してみるのも良いかと思います。

 

浴衣の出張買取まとめ
  • 最短即日での現金化が可能
  • 浴衣を売るのに手間があまり掛からない
  • その場での品物の追加にも対応可能
  • 利用できない地域がある
  • 査定スタッフを自宅に呼ぶのに抵抗がある場合は利用が難しい

 

⇒ 出張買取で浴衣を売るならこちら!

浴衣の売る際の買取価格の相場は?

浴衣の売る場合の買取価格の相場は、通常の着物と比較すると低めになる傾向にあります。浴衣の質を着物と比べた場合、どうしても素材の質や制作にかかる手間などの面で劣ってしまうのがその理由です。販売価格自体も着物よりも浴衣の方が安いですよね。店舗によっては浴衣のみの査定には対応していないこともあるため、事前に確認しておいた方が無難かもしれません。

 

一般的な着物よりも安めの査定額になりがちと言えども浴衣を売ること自体は可能。よくある数千円程度で購入できるミシン仕立ての浴衣や、ノーブランドの浴衣を売る際の買取相場は、おおよそ数百円から高くても2,000円前後となることが多いようです。ノーブランドでも手縫いの浴衣であればプラス1,000円程度は見込めるでしょう。ほつれや汚れなど損傷が激しいと買取不可となるケースもあります。綿やポリエステルを素材に、ミシンで大量に仕立てている浴衣はそれだけ価値も低く、安く購入できる代わりに売る時の金額も低くなりがちです。

 

一方で人気のブランドや希少性の高い浴衣を売る際には、高額査定となるケースもあります。例えば伝統技法の有松絞りや高級素材として知られる綿紅梅、綿絽といった生地を素材とした浴衣を売る場合の買取相場は数千円から一万円程度になります。更に宮古上布のような希少性の高い織物であれば数万円から、品物によっては10万円を超える査定額となる例もあります。

 

また、人気のブランドやデザイナーの手がける浴衣を売る場合も、通常より買取価格の相場が高くなる傾向にあります。TSUMORI CHISATOは個性的な浴衣を多数展開するブランドで、浴衣の買取価格が1万円を超えるケースも珍しくありません。他にも日本の四季をポップに表現するSOU・SOUは、若い世代を中心に支持を受けているブランドで、浴衣の買取相場が10,000円前後となることもあります。

 

浴衣を高く売る6つのコツ

いくつかのポイントに気をつければ、浴衣を売る際に金額がアップする可能性があります。浴衣の買取でできるだけ損をせずに得をするための秘訣は以下の6つ。

 

  • 浴衣が高く売れる時期を狙う
  • 帯や下駄などの小物もセットで売る
  • 日頃から浴衣の手入れや保管方法に気を使う
  • 事前に浴衣をクリーニングに出す
  • 証紙があれば必ず保管する
  • 浴衣の種類に応じて売る相手を選ぶ

 

これらのポイントの全てを実践できなくても、できるところからスタートしてみましょう。

 

浴衣が高く売れる時期を狙う

浴衣に限らず、物を高く売るためにはその需要が最も高い時期に売るのがポイントです。浴衣の場合は本格的にシーズンに突入する前の4〜7月が、最も浴衣を売るのに適した時期となります。夏祭りは7月に頻繁に開催され、浴衣の需要もそこがピークです。この時期は店側も積極的に浴衣を仕入れようとするため、買取価格の相場も高くなる傾向にあります。8月に入ると一気に浴衣の需要が下がり、それに合わせて買取価格の相場も下がります。冬場など浴衣の需要がない季節は査定額が下がりやすくなります。季節を外しても売れないわけではありませんが、高く浴衣を売るなら4〜7月を狙うように意識してみましょう。

 

帯や下駄などの小物もセットで売る

浴衣だけでなく、帯や下駄、かんざしや小物入れといった浴衣スタイルの必需品も併せて売ると、買取価格が上がる可能性があります。特に有名作家や百貨店などでセットで購入した小物類の場合は、その確率が高くなります。販売する側からしても浴衣と和小物を個別に売るよりも、一式セットで販売する方が売りやすいため高値をつけやすいのです。状態が良ければむしろ下駄や小物入れの査定額の方が高い例もあるので、できるだけ一緒に買取を依頼すると得をしやすいでしょう。

 

日頃から浴衣の手入れや保管方法に気を使う

浴衣を高く売るためには日頃から適切にお手入れをしたり、正しい保管方法を維持することが大切です。元々価格が安く、薄い素材でできた浴衣は皺になりやすく、そうなると買取価格にも悪い影響を与えかねません。浴衣を保管する際はしわがあれば霧吹きで軽く濡らして伸ばし、他の着物と同じように縫い目に沿ってたたみましょう。畳紙に包んだり、100円ショップにある不織布の収納袋などに入れておくと安心です。防虫剤は必ず使うようにしましょう。

 

長期間保管していると新品同然の浴衣でも、タンスや防虫剤の臭いが付いてしまうことがあります。その場合は日陰干しをしたり、可能な場合は洗濯をすることをおすすめします。シミがない方が高額買取となりやすいですが、しみ抜きは失敗のリスクもあるので、そのままにしておいた方が無難でしょう。

 

事前に浴衣をクリーニングに出す

肌に直接触れる浴衣は、どうしても汗ジミや黄ばみが生じやすくなります。家庭用の洗濯機でも洗える浴衣もありますが、シワができたり、糸がほつれると買取価格が下がる可能性があります。特に淡い色合いの浴衣の場合は汗ジミや黄ばみが目立ちやすく気をつける必要があります。できれば毎シーズン着終わったらクリーニングに出すことが望ましいですが、せめて浴衣を売る前にはクリーニングに出すようにしましょう。ただ、ミシン仕立ての浴衣など元々高く売るのが難しい浴衣の場合には、買取価格よりもクリーニング代の方が高くなってしまうケースもあります。その場合は自分でできる範囲のケアだけで十分です。

 

証紙があれば必ず保管する

有名作家が手掛けた浴衣などには、購入した際に証紙と呼ばれる紙が付いてくることがあります。証紙は浴衣の価値を証明する大切なもので、産地の登録商標や織元、素材、織りや染めの方法などが記載されています。査定を依頼する際に証紙を提示することで買取価格がアップする可能性もあります。浴衣の購入時に証紙を受け取った場合は、売るかどうかに関わらず大事に保管しておくようにしましょう。

 

浴衣の種類に応じて売る相手を選ぶ

手持ちの浴衣を少しでも高く売るなら、浴衣の種類に応じて売却先を選ぶようにするのがコツです。例えばミシン仕立ての浴衣やノーブランドの浴衣の場合、着物買取店に持ち込んでも買取不可となったり、売れても数百円程度となることが多いです。そういった場合はオークションサイトやフリマアプリを利用した方が、浴衣を高く売れるケースがあります。逆に需要が高かったり専門的な知識が必要な浴衣の場合は、知識が豊富で販路もしっかりした着物買取専門業者の方が高く売れる可能性は高いでしょう。複数の業者から見積もりをもらうのも賢い方法です。

浴衣を売る相手は?

浴衣を売る相手はいくつか選択肢があり、相手によってその方法や特徴も変わってきます。ここでは浴衣を売ることのできる相手ついて、着物買取専門業者、リサイクルショップ、オークションサイト・フリマアプリの3つについて解説していきます。

 

リサイクルショップ

浴衣に限らず様々な物品の売買が行われているリサイクルショップ。その中には衣類の買取に特に力を入れている店舗もあり、そういったリサイクルショップでは浴衣の買取にも対応している可能性が高いです。リサイクルショップの一番もメリットは、店舗数が多くお住まいの場所の近くでお店を見つけやすい点でしょう。実際に売る浴衣を店舗へ持ち込みたい方には大きな利点です。その場で浴衣の査定が行われ、金額に満足すればすぐに現金化できるのも、リサイクルショップで浴衣を売るメリットの一つです。また、出張買取や宅配買取のサービスを行っている店も多いので、自宅で浴衣を売りたいなら確認してみるのも良いでしょう。

 

一方でリサイクルショップで浴衣を売ると、買取価格は安くなりやすいというデメリットがあります。リサイクルショップは幅広い品物の買取に対応している反面、個々の品物に対する知識はさほど深くなく、販路も限られているため査定額は低くなりがちです。希少性の高い浴衣の場合には正しく価値を判断できずに、相場よりもかなり安くなる可能性もあります。また、浴衣は季節ものなので時期によっては買取自体を受け付けていない場合もあります。

 

リサイクルショップは浴衣のみを売りたいという方にはあまりおすすめできませんが、他の品物を売るついでに安くても良いから不要な浴衣も手早く処分したいという方にはおすすめの相手です。

 

オークションサイト・フリマアプリ

普段からオークションサイトやフリマアプリを利用して、品物の売買を行っている方も多いでしょう。浴衣を売る際もこれらを活用するという方法もあります。特に数千円程度で購入した安い浴衣を売りたい方におすすめです。ミシン仕立ての大量生産された浴衣は、買取りに出しても数百円程度にしかならないケースも多く、オークションサイトやフリマアプリで売った方が高く売れる場合があります。

 

ただ、出品する際に文面を考えたり、写真を撮るなど手間や工夫が必要だったり、利用料や配送料が掛かる場合もあります。買い手がつかなければいつまでも浴衣を売ることができず、どうしてもある程度の時間が掛かってしまうという短所もあります。その上、個人間の取引となるためトラブルが発生するリスクもあり、慣れていない方は素直に避けた方が良いでしょう。

 

着物買取専門業者

浴衣は着物の一種なので、着物買取の専門業者に買取を依頼するという選択肢もあります。近年は様々な買取サービスがありますが、着物買取は昔から盛んに行われているだけあり、全国展開している着物買取店も多く存在します。当然査定スタッフは着物に関する専門的な知識を持っており、浴衣の価値を正確に見極めることが可能です。人気ブランドの浴衣や希少性の高い浴衣も適切な価格で買い取ってもらえます。特に販売価格が数万円を超えるような高級浴衣は、正しく査定するのに専門的な知識が必要となる場合があります。逆に言えばミシン仕立ての安物の浴衣は値段が付かないか、数百円程度になるケースもあります。

 

着物買取専門業者に浴衣を売る際には、店頭買取、出張買取、宅配買取の3つの方法があります。すぐに浴衣を現金化したい場合には店舗に直接持ち込む店頭買取か、自宅へ査定員が出張してきてくれる出張買取を選びましょう。手軽さを重視するなら、自宅ですべての作業が完結する宅配買取がおすすめです。

 

浴衣を売ることを検討しているなら、基本的には着物買取専門業者を利用することをおすすめします。販路や補修のノウハウのある専門業者は、その分買取価格も高額となりやすく、信頼性も高いのが理由です。大量の浴衣を一度に査定してもらうのも手軽で、逆に一着からでも対応してくれる店舗もあります。最近はインターネットから簡単に申し込めるようになっているため、浴衣を売るならまずは着物買取店に相談してみましょう。

 

浴衣を売るなら着物買取専門店がおすすめ

浴衣を売る相手はリサイクルショップやフリマアプリなどもありますが、やはり信頼性と買取価格の両面から見て着物買取専門業者が最もおすすめです。自宅の近くに着物買取店がない場合でも、バイセルや着物10など出張査定や宅配買取に対応している店舗なら手軽に浴衣を売ることができます。特に出張買取なら最短即日で現金化することも可能。出張費用や送料、手数料なども無料で利用できるので安心です。浴衣自体が安価な品物なので、買取価格もあまり高くはならない傾向にあります。それでも数百円から千円程度で売れる可能性はありますし、人気ブランドや希少な浴衣であれば高額査定となる例もあります。まずは着物買取店にお気軽に相談してみましょう。

 

⇒ 浴衣を売るならこちら!

TOPへ